こんにちは。ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は姿勢矯正についてお話ししたいと思います。

当院に来院される方からも、「猫背なんかもなおるの?」といったご質問を受けることもしばしば。
通販などで姿勢矯正グッズを良く見かけますが、姿勢矯正の考え方が根本的に間違っています。また姿勢を保つ筋肉を鍛えれば良いというのも、全てを否定するものではありませんが、基本的に姿勢というものの本質が解っていません。

例えば猫背の場合には、脊椎が曲がって前屈みになっていますから、脊椎を矯正しよう、背側の筋肉を鍛えようと言う訳です・・・しかし、考えてみてください。
脊椎と言うのは、一つ一つの椎骨を積み木のように積み重ねているに過ぎません、椎骨には自分で曲がるような力はどこにもありません。
脊椎は、<曲がっている>のではなく、<曲げられている>のです。

では、何によって曲げられるでしょうか・・・脊椎や骨格を変化させることができるのは、これらに付着している筋肉や結合組織しかあり得ません、これらの筋肉等が脊椎や骨格を引っ張っているから姿勢が歪むのです。

猫背の人は、腹部や胸部の筋肉が、筋肉内に生じたしこり(がトリガーポイント)によって緊張短縮し、椎骨や肩を前方に引き込むために猫背になっているということです。
実際に腹部や胸部のトリガーポイントを取り除くと、猫背は短期間に改善します。
姿勢を無理に矯正しようとするのではなく、その前にまずは、関係する筋肉を柔らかくしなやかに保つことが大切です。

ただここで気を付けなければならないことがあります。
確かに姿勢は筋肉の緊張によって歪められるのですが、身体には高い環境適応能力が備わっていますから、その状態が長期間にわたって継続すると、その歪んだ姿勢に身体が再適応し、それが通常の状態になってしまうということです。
こうなると、姿勢を元に戻すには大変な努力と期間が必要になりますから、早い段階でトリガーポイントを取り除きしなやかな身体を維持することが大切なのです。