こんにちは。
ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今日は、先日来院された患者さんの改善事例です。

中学生の男子が、「口を開閉した時に顎と顎周辺の顔面が痛む。」と訴えて、母親とともに来院されました。
突然の症状で、病院に行っても原因が解らなかったそうです。

治療に際しては、患者さんのお話を聞くこと、患者さんの全身の状態を見ることがとても大切です。

お話を伺うと、小さな頃に遊んでいて右足首の靭帯を損傷した経験があるとのこと。また、来院される姿を見ていると右足の動作に微かに硬さがあることが解りました。

問診中に、足底の小指側を圧迫すると、それだけで口の開閉時の痛みは生じません。

これにはご本人もお母さんも驚かれましたが、元々の原因は過去に足首を痛めたことにあると判断して治療に移り、足と膝下周辺の数点と顎の筋肉等のトリガーポイントに同時にコンタクトして反射反応を誘導すると20分ほどで症状は全て解消しました。

障害の連鎖を断って根本的に治療するのですが、これまでに苦心して確立してきた「筋膜反射リリース」と名付けている治療法です。
身体の障害のほとんど全てに適用できる安心安全で斬新的な治療法です。
何故、このような現象が生じ、また治療ができるのか、次回のブログでお伝えしたいと思います。