トリガーポイント理論と専門技術により根本原因を取り除き、腰痛・肩こり・頭痛などの慢性痛、ぎっくり腰などの急性の痛み、しびれや不定愁訴を効果的に改善。すべてお任せ下さい。【駐車場常時利用可】

顎関節症

【顎関節症】

~顎関節症の原因の多くは、外側翼突筋等の筋肉にできたトリガーポイント~

顎関節症|あなたにも当てはまりませんか?

  • あごが痛む
  • 口を大きく開けることができない
  • あごを動かすとクリック音がする
  • 開口時あるいは閉口時にロックする
  • 口を大きく開けられない
  • 顎関節の深部が痛む
  • 目、鼻、耳、舌、喉などに痛みや不調がある

これらの辛い症状をお持ちの方、
是非トリガーポイント・セラピーをお試しください! 赤い三角TEL:0120-358-760

顎関節症を起こすトリガーポイント

顎関節症は原因不明とされることが多いのですが、以下に示すように外側翼突筋等の咀嚼筋に生じたトリガーポイントは明らかに顎関節症の症状を起こしますし、実際にはほとんどの顎関節症は外側翼突筋等のトリガーポイント・セラピーによって改善することができます。
さらに、顎関節症に影響する噛みしめや歯ぎしりも、トリガーポイントによる咬筋や内側翼突筋の緊張が原因であることが極めて多く、これらもトリガーポイント・セラピーによって改善することができます。
また、トリガーポイントを取り除き筋肉を整えることによって、舌が痛み、嚥下困難、耳の痛みやつまり感などの関連の症状も改善されていくものです。
まずは、次のイラストから、ご自身の症状や痛み・しびれの部位に似たものはないか、押圧すると鋭く痛む「しこり」はないか確認してみて下さい。

            凡例  ×:トリガーポイントの位置  赤色:関連痛・しびれの部位
                『Myofascial Pain Dysfunction The Trigger Point Manual』
                トリガーポイントは、押圧すると鋭い痛みを感じる小さな
                「しこり」であり、赤色の範囲に痛みやしびれを起こします。

外側翼突筋が起こす痛み・しびれ
<外側翼突筋>
・ 顎関節の深部の痛み、耳鳴り
・ 鼻の分泌異常
・ 顎関節症、副鼻腔炎の誤診の主因
・ 顎関節の脱臼、亜脱臼、轢音
・ 不正咬合・咬合不調和
咬筋が起こす痛み・しびれ


<咬筋>
・ 咀嚼筋の中で最もトリガーポイントが
 発生しやすい
・ 歯や歯茎に痛みを放散し、口を開け難い
・ 時に、顎関節症の痛み、知覚過敏、耳の
 奥の痛み、耳の閉感、耳鳴り、耳の内部の
 ひどい痒み
・ 噛みしめ、歯ぎしりの原因
・ 副鼻腔炎の誤診の原因

内側翼突筋が起こす痛み・しびれ

<内側翼突筋>
・ 口腔(舌・咽頭)・耳の深部・顎関節の
 痛み
、耳の閉塞感
・ 噛む・歯を食いしばる時に増強
 (歯には放散しない)
・ 口の裏側や硬口蓋・舌に痛み、嚥下困難
・ 口を大きく開けるのが難しい
・ 噛みしめ、歯ぎしりの原因

【関連記事】こちらもご覧ください

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-358-760 8:30~18:00(最終受付)/水曜定休

PAGETOP
Copyright © ひじりボディケアー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss